新相続制度が変わる妻優遇

この記事は1分で読めます

シニアの悩みとして相続の問題があります

結構身内で骨肉の争いをしているのを聞くこともある

 

法務省の諮問機関「法制審議会」が

民法改正案の要綱案を取りまとめた

そこで話題なのが

妻を超優遇した改正になりそうだという

 

現行制度では

妻が2分の1を相続

残りの半分を子供たちが均等に分配する

これが法定相続分です

 

問題は

持ち家はあっても預貯金が少ない場合

家を売却しなくてはならないことがある

 

新相続制度では

「配偶者居住権」という権利を新設

この居住権を妻が選択すると

所有権がなくても家を追い出されなくなる

さらに

預貯金など他の財産の取り分も実質的に増えるという

 


もう一つ大きな特徴は

今までは

夫の両親をいくら介護してきたとしても

妻に夫の両親への相続権はなかった

 

新制度では

妻も相続人に金銭を請求できるようになりそうだ

 

妻が大変な介護の対価を

きちんと請求できるようになるというのは

良いことのようだが

確実に感情的なトラブルは増えると思う

 

 

最近はやりの

エンディングノートで本人の意思を示すのもいいし

遺言書もあるともめる要素がなくなる

 

起業シニアはそんな

家族のトラブルも起こさないように準備周到にして

楽しい人生を全うしたいものです^^

 

 

まずチャレンジを検討しましょう^^

だから、シニア起業・女性起業・サラリーマン起業

 

それなら元気のあるうちに

新しい自分の人生を挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

シニア起業・女性起業・サラリーマン起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

シニア起業・女性起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。