やりたいね、子ども食堂!

この記事は1分で読めます

北海道内の子ども食堂

100ヶ所を超えているそうだ!

 

子ども食堂とは

地域住民や自治体が主体となって

無料または低料金で子どもたちに

食事を提供するコミュニティです

 

その発祥は

東京都大田区にある「気まぐれ八百屋だんだん」の

店主であった近藤博子さんが

2012年に作ったのが始まりです

 

きっかけは

朝ごはんや晩ごはんを

当たり前に食べられない子どもの存在を

知ったことだと話されています

 

日本の社会に隠れている

「見えない貧困」を目の当たりにして

スタートさせたそうです

 

 

今の日本で

満足にご飯が食べられない世帯が

どれほどいるのでしょうか!?

 

驚くことに

6世帯に1世帯が

食料に困った経験がある

 

なんと

そのような世帯は14.8%

 

「今日は朝ごはんは無いよ」

「今晩はご飯なくてもいいよね?」

 

こんな会話が子供がいる家庭でされているという事です

 

健康事業の仲間がたくさん出来て

自宅で出来る起業

目的にはやる理由も大切ですね

 

子ども食堂を作って

温かくて美味しいご飯を

子供たちに食べさせたいですね^^

 

私が考えている子ども食堂

なるべく自分で調理してもらい

自分で料理する事を覚えてもらう

事も目指しています

 

ガス調理器は無理ですが

絶対に火災にならない調理器なら

心配はいらないですね

 

もちろん

すぐに出来る話ではありませんが

仲間と共に

そんな夢を実現する

起業があってもいいいと思います

 

 

子ども食堂を創るどー

 

 

元気のあるうちに

新しい自分の人生を挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

シニア起業・女性起業・個人起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 10.24

    経済的独立

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。