プレゼンもお笑いも同じ!

この記事は2分で読めます

副業や起業などのビジネスをやってく上で

必要なのは確固たる理念と確信です

 

ビジネスとは人に何かを伝えて

対価を払う価値がある時に成立します

 

さらに企業や人のライフステージを上げる

可能性のある事には高付加価値が付きます

 

どんな人も

誰かに必ずプレゼンをしていますね

 

どこどこのお店に行ったら

こんな○○で・・・・・・

やっていますよね!プレゼン

 

 

 

今回は

東大から大手コンサルティング会社

マッキンゼーを経て

お笑い芸人になった石井てる美さんのお話

 

コンサルとお笑いでは

180度違う世界かと思うじゃないですか!

 

ところが

意外に似ている点が多いそうです

 

若いビジネスパーソンの方には

スキルアップにも役立つ

という事ですよ

 

彼女はリーマンショック以降

精神的に追い詰められるような職場に嫌気がさし

 

自分の人生なんだから

好きなように生きればいいじゃん

 

なんと発想転換で

好きなお笑いの世界に飛び込み

白百合、東大、マッキンゼーという

華やかなキャリアを断ち切った

 

すごいですね!

 

マッキンゼーとお笑いの世界じゃ

全然違うでしょ?

と言いたくなりますよね

 

ところが共通点が

両者とも

目の前のお客さんを喜ばせる

サービス業

 

マッキンゼーとお笑いは

世の中の両端にあって

決して交わらず

一見全く異質な世界のように思えますが

 

お笑いを学ぶ授業から

ネタ披露、発声・演技・ダンス

といった実践的なレッスンを受けていると

 

どこかで聞いたことがあるな

と思うことが度々あり

マッキンゼーと同じこと言ってる!

と気づいたそうです

 

ネタのつくり方

お客さんの前に立つときのマインド設定

組織を流れる考え方まで

とにかくお互い同じようなことを

言っていたそうです

 

両者とも

目の前のお客さんを喜ばせることを

至上命題とした

究極のサービス業

だから・・・・・

 

一番本質的だと思ったことは

 

お客さんの前に立つ以上は

自信を持って堂々とすること

 

だそうですよ

 

そうなんです

ここまで言い切るということは

よほど確信があるんだな

それならばやってみるか

 

というように

クライアントの心を動かし

行動に移すまで説得するには

サービスを提案する側の自信が

最低条件です

 

ビジネスの世界にそもそも

「絶対」は

存在しませんが

 

仮説からの精度を高め

自信を持って推し進めるのが一番です

 

今の社会は

少子高齢化で支えてくれる子供達が少ない

年金など社会保障を求める人が多くなっている

そんな中で健康で人生を全うする

副業・起業でもう一つの収入の道を創る

生涯現役で社会と関わりながら生きる

 

そんな方が自宅で出来る個人起業家です

 

 

 

元気のあるうちに

新しい自分の人生を挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

シニア起業・女性起業・個人起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

 

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 06.15

    夢と志の違い

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。