副業&複業!どちら!?

この記事は2分で読めます

自宅で出来る個人起業というと

副業のイメージよりは

複業のイメージが強いと思います

 

まさしく

個人起業=複業

なんですね

 

副業はどちらかというと

自分の時間の切り売りで

もう一つの収入を得る感じです

 

複業は何か別の仕事をしながら

もう一つの業をチャレンジする感じです

 

主婦の子育て中の方でも

本業の仕事をこなしながら

もう一つの業をやってみる

これが

複業=個人起業ですね

それも自宅で出来る個人起業です

 

 

国が進めている副業解禁ですが

「原則副業禁止」から「原則副業容認」

にどんどんシフトしています

 

企業から見た

副業解禁のリスクはどうなのか!?

 

社員の長時間労働を助長する

情報漏えいのリスク

労働時間の管理や

労働災害の場合の本業との区別が困難

手不足や人材の流出につながる

競業となるリスクや利益相反

 

などです

 

大まかには

労働時間問題
情報漏えいと利益相反
人材流出リスク

 

でしょう

 

さらに副業と言っても

雇用型の副業


自営型の副業

 

この二つしかありません

 

問題は

雇用型の副業です

企業側は「労働時間の通算義務」を負うため

全てを管理把握する義務が生じます

 

自営型は問題ありません

個人事業主として副業というより複業なので

企業側が通算義務を負う必要は無いのです

 

企業側としては雇用的な副業より

自営型の管理の必要がない複業を認める

そんな流れにシフトしていきます

 

これからの複業は

「誰かに指示されてやるもの」

ではなく

「自分がやりたいことを

 自らの意思で行うもの」

です

 

私が中小企業の経営者の方にも

複業を推進するのは

会社も従業員にとっても

最高のメリットしかないからです

 

それを容認しない企業は

優秀な人材が離反していくでしょう

 

優秀な人材ほど

収入源を給料のみに依存する

生き方を選びません

 

個人も企業も

副業ではなく複業を推奨しましょう

 

 

これが自宅で出来る個人起業です

 

 

元気のあるうちに

新しい自分の人生を挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

シニア起業・女性起業・個人起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。