AIで分かった!囲碁は芸術だ!

この記事は2分で読めます

私の趣味は囲碁なんですが

この3連休は囲碁AIを研究していました

 

最近は囲碁の世界も

この世界での人生の生き方も同じだな!

と感じています

 

調和が全てです

 

宇宙と自然と社会と

調和して生きているか!?

 

こんなメッセージをよく貰います

 

囲碁も自我が出て我欲が出ると

よく負けます

人生も同じですよね

損得や正しい間違いで生きていると

必ず悩む人生を送ります

 

今回の囲碁研究で

学んだことは

やはり調和でした

 

AIの囲碁は絵画の芸術でした

 

コンピュータ囲碁は2010年ころに

注目されてきまして

2016年にグーグルのディープマインド社が

科学雑誌ネーチャーに

囲碁AI「アルファ碁」の論文を発表しています

 

そしてすぐに韓国のトップ棋士イセドルに4勝1敗で勝ちました

 

その後日本のZENや中国の絶芸が注目され

 

その後に「アルファ碁ゼロ」

ゼロから学んで強くなる囲碁AIの登場です

 

なんと2017年末に囲碁AI「マスター」

が登場します

世界中のトップ棋士相手に60連勝

 

 

囲碁AIの開発は1960年後半からスタートしてますが

創成期

モンテカルロ期

ディープラーニング期と

進化してきています

 

チェスではIBMのディープブルーが

1997年に世界チャンピオンに勝っています

1秒間に2億手読むと話題になっています

 

将棋は2014年からAIがプロに勝ちだしました

今は人間は勝てない領域になっている

 

2015年では囲碁は後10年はかかると

言われていました

翌年のアルファ碁で敗れたのです

 

囲碁は

2500年以上前に中国で誕生したといわれ

日本では7世紀頃から徐々に広がって

いきました

 

将棋やチェスに比べ

囲碁は盤が大きくマスが多いため

対局パターンが 10 の 360 乗以上と言われ

変化は171桁

なんと宇宙に存在する原子の数より多い

 

なので形勢判断が難しいのです

 

ディープラーニングの素晴らしいところは

全体を一枚の絵のように捉えて打ちます

 

囲碁の藤沢秀行名誉棋聖は

囲碁は絵画のような芸である

と言っています

 

つまりディープラーニングが

囲碁の無限性の中のシンプルさ

白と黒と空点が

絵画的に観えて進化しやすかったのかもしれません

 

今や人間の出していた定石と言われるものは

通用しない段階に入ってきました

 

囲碁はよく宇宙に例えられますが

囲碁の神様が100としたら

まだ3か4くらいなのかもしれません

 

私達もこの社会の急激な変化を受け入れながら

宇宙や自然と調和するような

真実の世界に生きていかなければなりません

 

新しい社会を創る

その志がある人が

自宅で出来る個人起業の

チャレンジャーです

 

 

 

元気のあるうちに

新しい自分の人生を挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

企業の起業・シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

企業の起業・シニア起業・女性起業・個人起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 12.10

    起業の極意

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。