国から死ね!生活保護費が・・

この記事は1分で読めます

私は生涯現役で仕事していきましょう!

と呼びかけている

 

だって年金じゃ暮らせないでしょ!

 

生活保護費をもらっている人だって

同じになってきますよ

 

今や段階的に削減されていますから

受給者側の危機感はすごいでしょう

 

政府は2018年10月から

食費や光熱費などにあてる

「生活扶助」の基準額を見直した

約160億円削減されることになったようだ

 

受給世帯のうち67%が減額

 

大都市の

65歳以上の単身世帯のうち76%

子どもがいる世帯のうち43%で

引き下げられた

65歳の単身世帯への支給額は

月8万円だったのが10月から7万8000円に減った

2年後には7万6000円となる

40代夫婦と中学生、小学生の世帯は

児童への加算も含めて

月20万5000円だったのが20万2000円に

2年後に19万6000円に減る

これ以上何を切り詰めればいいのか!

国から死ねと言われている気がする!

いつまで引き下げが続くのか!

 

そりゃ言いたくなるよね

 

全国で生活保護を受けている65歳以上の高齢者世帯は

88万2001世帯だった


生活保護を受けている世帯は

全体で163万9185世帯

 

自分の人生をどう描くかは本人次第だが

生活保護を受けるような生き方は

したくないですね

 

どんな状況でも

自分で生きる事を考えないと

人生がつまらないですよね

 

 

だから今から

複業・自宅で出来る起業ですよ

 

 

 

一人ではなく仲間と共に

サラリマン起業・シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

複業・起業相談は お気軽にお問い合わせください

小林 英紀  090-3110-1149 solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

健康相談ブログ ameblo.jp/brain-cocokara/

アート囲碁教室ブログ ameblo.jp/artigo/

初めての囲碁教室 アート囲碁 u0u1.net/OLdz

囲碁初段プロジェクト u0u1.net/O5d9

 LINE ID solitonkoba

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 07.09

    30年後の未来

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。