一日3時間だけ働く時代!

この記事は2分で読めます

時代が大変化している事は

皆さんも感じていると思う!

 

特に働き方はこれからも大変化するだろう

 

ちょっと面白い本を見つけた!

 

「一日3時間だけ働いて穏やかに暮らすための思考法」

 

 

 

まさしく65歳を迎えた

私が望んでいる働き方だ!

 

なんと言っても生涯現役で働くには

こんな感じでしょうし

複業や自宅で出来る起業もこんな感じです

 

著者の山口揚平さんは

軽井沢と東京に居を構えながら

一日3時間だけ働いて

おだやかな暮らしをしている

 

とても未来的な生き方ですよね

 

アインシュタインの言葉が載っている

 

「あらゆる問題はそれが起こったことと

 

  同じ次元で解決することはできない」

 

お金の問題は

それ自体について悩んでも解決することはない

 

別次元の人生という視点から

お金を捉え直した時に

自分が直面する問題の解決の糸口が

見えてくるというのである

 

 

ピーター・ドラッカーは

お金を生むのは知識だと話しているが

 

現在では

知識は誰にでも手に入れることができるので

それ自体がお金を生み出すことはない

 

情報量が増えれば増えるほど

人は思考しなくなるのでダメと言っています

 

 

思考と情報のパラドクス

 

と呼んで

情報に振り回されないで

「考える事」の大切さを言っている

 

今やAI(人工知能)やロボットの台頭で

人間の本源的な価値が

問われる時代になっている

 

20世紀型の世界は

AIの方がはるかに優秀だ

 

AとBの概念を両立させるためには

上位概念Cの発見が必要になってくる

 

とアインシュタインの言葉の意味を言っている

 

「考えること」

を職業にする

「ブレイン・アスリート」

これを目指している

 

貨幣を中心とした今の資本主義社会が

 

「信用」に基づく

「信用主義経済」

に移行していく必然性を説いている

 

信用主義経済は

人と人との関係性が主役であるから

貨幣という数字的な価値は下がっていく

 

これは私がやってる

バータークラブでも実証できる

人と人のつながりで価値交換が成り立つ

 

「幸せ」とは「一体性」のことであり

人と心がつながっている時にこそ

幸福を感じられる

 

 

まさしく陰陽の二極の世界を

統合していく考え方です^

 

 

 
 

一人ではなく仲間と共に

サラリマン起業・シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

複業・起業相談は お気軽にお問い合わせください

小林 英紀  090-3110-1149 solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

健康相談ブログ ameblo.jp/brain-cocokara/

アート囲碁教室ブログ ameblo.jp/artigo/

初めての囲碁教室 アート囲碁 u0u1.net/OLdz

囲碁初段プロジェクト u0u1.net/O5d9

 LINE ID solitonkoba

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 05.13

    本質を観ろ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。