カテゴリー:シニア起業

  1. 日本は過去 3度の人口減少停滞期に見舞われているそうです 1度目は縄文時代後期 2度目は平安時代後期 3度目は江戸中期 いま令和の日本は 4度目の人口減少期に突入で…

  2. 人生100年時代の生き方は シニアになっても社会と関わることです 健康予防の観点から言うと 健康診断で病気の疑いがあると 再検査で入院 あんなに元気だった人が あっという間に死に至る人もいる …

  3. 私達が自分の人生を考える時に 死の時期がわかると もっとアクティブに生きれるかもしれませんね^^ 日本人は 命の期限 についてのリテラシーが低いと思います 命には限…

  4. 65にもなると 人生ってなんだ!? と思うと 人生は だんだん自由になっていくというのが目的 のような気がしますねー 家庭や学校や社会に 縛られて生きてき…

  5. 私も暗い話は嫌なんですが 現実を見ると今から用意しないといけない と思うのでね! 2040問題 ご存知でしょうか!? …

  6. 先日の年金2000万円問題で 年金制度への関心が高まっているが 今の年金額が維持できると思っている人や 少し減るくらいに思っている人が多い 現在の財政状況を考えると 近い将来…

  7. 最近周りでも多いんですよね 熟年離婚 30年、40年連れ添った夫婦が 突然妻から三行半 男にすると 長い間お互いに辛抱してきたのに 今さら 「もう我慢できない」 なんて言われて…

  8. 人生100年時代 60歳が近づいてくると いやでも自分の今後の 人生の在り方を考えなければなくなる 「いつまで働くのか」 という問いが急速に現実味を帯びてくる …

  9. 金融庁は老後の金融資産の不足を 2000万円と発表した 高齢社会で人生100年時代なので これまでより長く生きる以上 多くのお金が必要となる と指摘している …

  10. 国は言っています「公的年金はあきらめろ」金融庁は老後に備えた資産形成に関する初の指針案をまとめたなんと虎の子の「資産寿命」をどう延ばすのか金融庁の指針案は公的年金に頼らず資産運用など「自助努力…

RETURN TOP