カテゴリー:シニア起業

  1. 個人起業を難しく考えるな!と言いたい起業という言葉は確かに重たく感じますよね個人レベルで自宅でやる仕事としては確かに普通の方になじみにくいかもしれませんしかし自分で自立したビジネスをやるという事は決心覚悟と社会性的な…

  2. 後10年もしたら職無し・貯蓄無し・年金無しという3重苦のシニアが急増すると言われています団塊の世代の方が後期高齢者になっていくとこのような方が増えるからです老後の生活費は自然にスケールダウンします収入ダウ…

  3. 携帯電話を使っている人は再来年に無くなりますので早めにスマホに切り替えて慣れておくといいですね今やスマホでほとんどの事が管理できますスマホやパソコンのテレビ電話を使ったことがありますか海外の相手でも実質無料で顔を見な…

  4. シニアが働けるところまで働く!これからの時代のテーマでしょう楽隠居できる時代ではないです国も年金の支給開始を伸ばしてきますし働く世代が少子化で貰う人が多くなるので年金額が少なくなるのは当然です最近では多くの人が60歳…

  5. 私は生涯現役で社会と関わり死ぬまで元気に働きましょうと提案している日本国政府も高齢者が希望すれば原則70歳まで働けるよう環境整備を始めるそうだ何度も言うように年金は破綻しつつあり少しでも遅くから払うようにしないと持ち…

  6. 今ほどリスクヘッジを考えなければいけない時代はないですねシニアの人に鬼気迫る「老後破産」よく老後資金は最低でも3000万円必要などと言われますもちろん必要な額は人によってさまざまで…

  7. 仕事を求めているシニアが多くなってきた雇用では将来に不安を感じている人は当然で雇用されなくなった時を考え出しているのだ収入的な問題だけではありません特に男性シニアの孤独感はこれから問題になるで…

  8. シニアの一番の悩みは老後の不安ですねもちろん若い人も必ずその時期が来ます現代は社会変化が激しいので収入という道に対しても複数でリスクヘッジする必要がありますね年金だけでは生活できません!人生100年として社会と関わり…

  9. 副業であろうと小遣い稼ぎであろうと人に雇われるのではなく自分で考えて商売をすることが起業です社員のマインドではなく経営者マインドですね自立して自分で判断していれば起業家なんです先日もメルカリで家庭内の物を断捨離して販…

  10. 今や中小企業の「人手不足」は深刻化しているという年々深刻化する人手不足や若者の流出による地方の疲弊中小企業に対する政策的な配慮が必要だ中小企業とは製造業では資本金3億円以下または従業員数300人以下卸売業では資本金1…

RETURN TOP