カテゴリー:シニア起業

  1. 現役の引退をいつとするかは悩みどころですね!100年時代では65歳で引退すると35年も余生があります早すぎる引退は将来を不安にさせるかもしれません多くの企業は60歳を定年としています再雇用で65歳が引退年…

  2. すばらしいと思う生き方紹介!なんと80歳の報道写真家の石川文洋さんが北海道の宗谷岬から郷里の那覇市まで日本列島を歩いて縦断する旅に出たそうだ3500キロ踏破の途中で出会う人々や風景出来事について石川さん自身の文章と写…

  3. 100年人生を考えると一番大きな出費は住居費でしょう人生最大の買い物は住宅といわれるように住居費は人生を通じて常に家計を悩ませる難問ですあなたは持ち家ですか!?賃貸ですか!?日本では独身時代や結婚当初はも…

  4. シニアの雇用が注目されていますよね中小企業はシニアのスキルを生かす流れにシフトしています問題は働ける内はいいのですがその後は年金と蓄えで暮らしていけるかどうかですよね今は90歳代は普通で100歳も生きる時代です&nb…

  5. とある研究所の調査で定年前の50~64歳の正社員で定年後も「働きたい」と希望している人が8割いることがわかった後の2割は「働きたいが働けない状況」と答えていたそうだ体力や病気という事や家族の介護という事も考えられる&…

  6. 人生100年時代になるとシニアとはいくつからか!?スポーツの世界ではシニアと言っても若いゴルフでは50歳から男子シニアツアーがスタートする今年は賞金王に輝いた大型新人たちがデビューし始めた今週…

  7. だんだん年を取ってくると学生時代の知人・友人に会った時その老け方の違いにびっくりすることがありますね充実して恵まれた生活を楽しんでいる人は若く見えますが仕事や家庭に不満を抱いて過ごした人はすっかり老け込んでいます&n…

  8. 高齢社会での問題はいろいろ出てきますが独り暮らしの高齢者にとって特に困るのは買い物や通院ですね高齢者のマイカー運転の自粛も言われています買物に関しては移動販売や宅配サービスですねただこうした移…

  9. 今の社会で問題としてよく出るのがシニアと女性の仕事と生活の調和ですこれは最近ワークライフバランスという言葉で表現する事が多くなりました最近できた言葉ではありませんが国が働き方改革の実施で働き方…

  10. もうすでに困っている人もいますが高齢者が賃貸住宅に入れない人が多くいます現代は4人に1人が結婚しない時代と言われていて賃貸派が多くなると予想されていますさらにシニアがお一人様になると一軒家を処分してマンションに移る人…

RETURN TOP