カテゴリー:シニア起業

  1. 今ほどリスクヘッジを考えなければいけない時代はないですねシニアの人に鬼気迫る「老後破産」よく老後資金は最低でも3000万円必要などと言われますもちろん必要な額は人によってさまざまで…

  2. 仕事を求めているシニアが多くなってきた雇用では将来に不安を感じている人は当然で雇用されなくなった時を考え出しているのだ収入的な問題だけではありません特に男性シニアの孤独感はこれから問題になるで…

  3. シニアの一番の悩みは老後の不安ですねもちろん若い人も必ずその時期が来ます現代は社会変化が激しいので収入という道に対しても複数でリスクヘッジする必要がありますね年金だけでは生活できません!人生100年として社会と関わり…

  4. 副業であろうと小遣い稼ぎであろうと人に雇われるのではなく自分で考えて商売をすることが起業です社員のマインドではなく経営者マインドですね自立して自分で判断していれば起業家なんです先日もメルカリで家庭内の物を断捨離して販…

  5. 今や中小企業の「人手不足」は深刻化しているという年々深刻化する人手不足や若者の流出による地方の疲弊中小企業に対する政策的な配慮が必要だ中小企業とは製造業では資本金3億円以下または従業員数300人以下卸売業では資本金1…

  6. 北海道に住んでいると食の豊かさに感謝するしかないほど食材が手に入る健康予防の原点は食にある北海道命名150年の節目を迎えた北海道民の意識調査で北海道について「好き」「まあ好き」と答えた人の割合…

  7. 皆さんは自分の健康の事家族の健康のことを考えていますか!?若いうちから気を付けることはいっぱいあります健康予防こそ私達が生きていくうえで最も注意することです人生100年時代になり平均寿命と健康寿命の時間差が問題です&…

  8. 葛飾北斎今や世界的なブームとなっていますね2014年パリのグラン・パレで行われた「北斎展」2017年大英博物館とあべのハルカス美術館で行われた「北斎展」他ボストン、ローマ、ミラノ、ベルリン等「北斎展」が開かれた葛飾北…

  9. 現役の引退をいつとするかは悩みどころですね!100年時代では65歳で引退すると35年も余生があります早すぎる引退は将来を不安にさせるかもしれません多くの企業は60歳を定年としています再雇用で65歳が引退年…

  10. すばらしいと思う生き方紹介!なんと80歳の報道写真家の石川文洋さんが北海道の宗谷岬から郷里の那覇市まで日本列島を歩いて縦断する旅に出たそうだ3500キロ踏破の途中で出会う人々や風景出来事について石川さん自身の文章と写…

RETURN TOP