1. そんな現状で未来が見えないならと起業の提案をすると自分には無理とおっしゃる方が多いダイナミックに現実を変えられない人は 「失うこと」を恐れていますそもそも新しいものをとるべきか、それとも古いものか、  という二択思考…

  2. 今までの人生を振り返った時にどれほど意図的な生き方をしていますか?なんとなく生きている当たり前の現実の裏に選択されなかった無数の可能性が潜む  ということを感じました  私達が創造するのは現実(いまここ)における視点の変化が未来…

  3. 起業とも大きくかかわる問題なので!あなたは後悔しない生き方をしていますか?こんな質問をされたらどうこたえるでしょう私でいくと30歳企業の40歳に倒産再起業後50代前半で保証人で負債を背負う特に大きな失敗をしていますの…

  4. 起業と言うと会社をつくるイメージがありますがここでいうシニア起業や女性起業は自宅サイドで小資本で行う起業ですあなたがもし雇われる仕事で将来もいいと結論づけているなら必要ないかもしれませんしかしこのような情報社会ではパ…

  5. 今年はインフルエンザの流行が広がっているそうだ国立感染症研究所が今年発表した調査によると全国約5千カ所の定点医療機関から報告された最新の1週間(昨年12月18~24日)の患者数は1カ所あたり12・87人に上った自治体…

  6. とにかく超高齢者化のシニアの生き方が問題です100才人性健康でエンディングを迎えられる人生を歩みたいですね老後が安泰な人と、不安な人の違いは!?ちょっと自分の状況をチェックしましょう老後が安泰な人の特徴&…

  7. 女性の方に自分で自立した仕事をしたいとか起業したいと相談を受けますが起業に興味があるけれど何から始めたらよいかわからないという方がほとんどです何に興味があってどんな特技があってとヒヤリングしてだんだん自分の答えが見つ…

  8. 私達シニアが現在の平均寿命を生きるとしてどのくらいの老後資金が必要かご存知でしょうか?年金を普通にもらうと仮定しての金額です最低限の夫婦二人の生活資金で年金を貰った後の足りない金額ですよ当然ゴルフや旅行や…

  9. 今の子供たちはすごいスキルで育っていますねこのように情報社会のスピードが加速すると子供たちの進化はけた外れです18歳以下の「U―18起業家」がどんどん表に出てきていますね2000年以降に生まれ幼少期からスマートフォン…

  10. 現在の少子高齢化社会において今後の日本を考えると労働力の問題は避けられない 日本は総人口の2割以上が65歳以上であり出生率も過去最低水準で世界的に「超高齢国家」です総人口は2010年から2060年までの50年間に40…

RETURN TOP