消費増税!クレジットカードが下落!

この記事は2分で読めます

消費増税の影響を緩和するため

ポイント還元策をめぐりって

「カード手数料に上限を設定すべき」

発言からクレジットカード業界が大騒ぎです

 

日本のカード会社は

加盟店に対して世界から見ると

相当に高めの手数料を徴収しているので

 

これが日本でカードが普及しなかった

要因のひとつとも言われている

 

日本は世界から見ると

キャッシュレス対応が遅れている

 

今回は一部カード会社の株価が

急落して大騒ぎになっている

 

最近ではQRコード決済など

安価な手数料で決済できる

新しいインフラも登場してきている

 

 

 

手数料はカード会社にとって

重要な収益源のひとつとなっていますが

どんな中身か!

 

とにかく

飲食店や小売店など加盟店にとって

手数料の負担は重いです

 

なんと

大手のネット通販事業者や量販店などは1%

一般的な小売店になると3%程度

取扱高が小さい場合には5%

スナックやクラブは10%近い

 

この手数料差はビックリですよね

 

クレジットカードのビジネスモデルは

イシュア=カードを発行する業務

アクワイアラ=加盟店の獲得や管理などを行う業務

VISA Master JCB=国際的な決済ネットワークとブランドを提供する業務

 

この三つなんです

 

つまり

VISAやMasterはカードを発行する会社ではありません

JCBは全てを自分でこなしています

 

もう一つ日本は世界と違うのは

カード決済の加盟店の質の責任は

カード会社にあるという事です

自己責任ではないのですね

 

これからは

楽天EdyやSuicaといった電子マネーや

QRコードを使ったスマホ決済など

競争環境は激化します

 

現金決済の

基本インフラであるATM網の維持だけでも

年間2兆円のコストがかっている

国ですから

便利過ぎているのですね

 

観光地の店舗の中には

カードが使えないところが多数あるため

外国人観光客の満足度を下げていますし

 

新しい決済手段の行方が

気になりますね

 

そんな社会なので

私達の収入の元もたくさん作りたいものです

 

だから

自宅で出来る個人起業

 

 

元気のあるうちに

新しい自分の人生を挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

企業の起業・シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

企業の起業・シニア起業・女性起業・個人起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 12.10

    起業の極意

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。