人の才能を生かす場を創る!

この記事は2分で読めます

個人で出来る起業の在り方とは

どんなものだと思いますか!?

 

収入を稼ぐ

 

方法は4つです

 

アメリカの投資家で

ベストセラー「金持ち父さん 貧乏父さん」

ロバート・キヨサキさんは有名ですよね

 

ここで

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

知っている方も多いいと思います

 

お金を手に入れるための働き方の4分類

「E」「S」「B」「I」(クワドラント)

 

 

私達は

複業を育てる感覚のスタートをします

 

これは

子育て中のママさん

サラリーマン

シニア

中小企業の経営者

全て同じです

 

問題は

働き方のポジショニング

なんです

 

クワドラントの図の

左側に存在する「E」「S」と

右側に存在する「B」「I」は

その役割が全く違います

 

「B」「I」は人口比で全体の5%とも言われる

少数派です

 

働くとすぐにお金が手に入る「E」「S」と違い

「B」「I」は働き始めたときはお金になりません

 

「B」は働く仕組みを作る人であり

「I」はその仕組みを動かすための

資金を提供する役目なのです

 

私が提案する

自宅で出来る個人起業は「B」になることです

 

 

「B」は仕組みの作り方という知恵をお金に変え

「I」はお金を働かせることでお金を産んでいきます

 

人財的な価値でいうと

自分より優れた人を嫌う「E」「S」と違い

「B」「I」は常に優れた人を探しています

 

仕組みが整い円滑に回り始めると

あとは自動販売機のごとくお金が入り続けます

世に言う「権利収入」ですね

 

飛行機を離陸させるのは大変ですが
 
いったん上空に飛ぶとエネルギーは少なくて済みます
 
 

後は定期的な組織のメンテナンスや調整により

維持発展させていきます

 

言い方を変えると

人財教育により「E」や「S」を「B」に進化させる

サポートがとても重要になります

 

「B」や「I」になれば

「権利収入」を手に入れることにより

「お金と時間」を手に入れます

 

私が提案する

自宅で出来る個人起業は

まさしく「B」になることです

 

「E」「S」を不自由人で

「B」「I」を自由人なんですね

 

自分でやっている仕事

自分がまとめる組織が

どんなに素晴らしいか!?

 

その仕事が存在することで

世の中がどれだけよくなり

社会がどんなに明るくなるか

 

人生観も含めて

仕事としての存在意義や

大いなるものを伝える人

 

そんな感性が必要です

 

 

「権利収入を得る」ということは

「人の才能を活かす“場”を作る」

ことだと考えられます

 

「2人の男がレンガを積んでいた」

という話きいたことありませんか!?

「君は何をやっているのか?」

と尋ねると

1人は「レンガを積んでいる」と答え

1人は「教会を作っている」と答えた

 

この2人の人生が

まるで違うものとなるのは当然です

 

 

事業は

どこに社会性とモーメンタムという流れがあるかを

見ることが大切です

 

このように考えると

自宅で出来る個人起業ほど

やり方さえわかると

わかり易い仕事はありません

 

見る視点を変えて発想を変えましょう!

 

 

元気のあるうちに

新しい自分の人生を挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

企業の起業・シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

企業の起業・シニア起業・女性起業・個人起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

 

 

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 06.15

    夢と志の違い

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。