一般事務の仕事がなくなる日!

この記事は1分で読めます

一般事務の仕事など

簡単な業務処理の仕事は

どんどんなくなっています

 

サラリーマンや

これから転職する人で

一般事務的な仕事がいいと思っている人は

これからの時代は要注意です

 

最近の

有効求人倍率が

44年ぶりの高水準を記録しています

空前の売り手市場となっている

転職事情ですが

今や正社員一般事務の求人は

圧倒的に少ないです

 

AI(人工知能)やロボットに

いち早く変わられる職業が

一般事務です

 

転職エージェントの情報では

転職求人倍率は全職種で1.77倍

インターネット専門職

「ソフトウエア開発エンジニア」

などは4倍以上という好条件の中で

「オフィスワーク事務職」

の求人倍率は0.39と少ない

 

一般事務の求人1件に

200~300人の応募は当たり前

 

人手不足が叫ばれる職種を

良く調べたほうがいいです


2017年秋にメガバンクの

3万2000人分の「業務量削減」方針がありました

早い話

価値を生まない仕事は減らしたい

AI(人工知能)で自動化したいという事です

 

ただしこれからは

消える仕事が出てくる一方で

新しく生まれる仕事が出てくるのも事実です

 

一番需要があるのが

バックオフィス事務とITスキル

を身につけることでしょう

 

 

 

 

一般事務職が消えると言うより

タスク(作業)が消えて

新たな仕事は増えると思った方がいいですね

 

時代は大きく変化しています

 

サラリーマンも

主婦も

シニアも

しっかりと

第二の収入の道を

創りましょう

 

自宅で出来る個人起業です

 

 

 

元気のあるうちに

新しい自分の人生を挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

シニア起業・女性起業・個人起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。