ベーシック・インカム時代と個人起業

この記事は2分で読めます

パーソナルな個人が自分の特技を発揮する時代

若い人たちを見ていると

本当に自由に生きている人がいますよね

 

私達の若いころは欲しいものがいっぱいありました

今はバーチャルに時代なので

物にはあまり固執しない人が多い

 

ノマド生活を楽しんでいる人もいる

インターネットで少し稼ぎながら

自由に旅している

 

楽しそうですよね!^^

 

私は

ベーッシク・インカムの時代が

出来るといいと思っている

 

今やAIやロボットが仕事をしてくれる

いろいろな簡単で単純な仕事は

人がやらなくてもいいようになってくる

 

それなら国が一定の所得を皆に配分すると言い

最低限の生活が出来る

一例は

生活保護費だろう

 

東京都の単身一人暮らしの場合は

生活費扶助  83,700円

住宅扶助(上限)  53,700円

合計 137,400円

 

まあこのくらいか17万円位

赤ちゃんからお年寄りまで

給付すればいい

 

最低限の生活は出来るのだから

好きなことして生きる人もいていい

 

もちろん稼ぎたい人は

好きなだけ稼げばいい

 

貧困問題を解決しましょう

という意味ではない

 

その人の個性を生かした

ストレスの無い生き方をしましょう

という事です

 

私の趣味の囲碁ですら

お金をもらう弟子が数人いる

起業家を目指す!囲碁初段プロジェクト

goo.gl/WHt5wP

 

 

好きな事を鍛錬しながら

生活も出来るなら楽しいよね

 

もともとみんなが

健康予防の情報を理解し実践したら

医療費の40兆円なんてすぐに半分になるし

 

役所にもこんなに人数はいらなくなると思う

 

結果

私達は貧困や苦役から解放されて

自分の望む生活を好きにやれる

 

不要な行政サービスは廃止できるし

国家運営もスムーズになるとおもう

 

予算は医療費で減る約20兆円くらいじゃないかな

 

年金問題なんてみんな一緒になるしね

 

人間にしか出来ないこと

芸術やスポーツやアーティスト

物質的な豊かさではなく

精神的な豊かさを追う生き方

未来の子供達は

「どうしてお爺ちゃんたちの時代は

好きでもない仕事を長時間していたの!?」

って聞いてくると思いますよ

 

たくさん稼ぐ人は税率が上がると思うけど

がんばればいい

 

これが実現すると

人に雇用されて働く人は少なくなる

 

たぶん自立した個人起業家がたくさん出ると思う

 

楽しい世界を創りたいですね^^

 

 

シニア起業・女性起業・サラリーマン起業の考え方

  1. 人よりも少し努力する
  2. 準備や勉強ばかりでは意味が無い
  3. 他人に期待しない
  4. 常識を捨てる
  5. 社会の仕組みや変化を知る
  6. 自分で限界を決めない
  7. とにかく行動する

一人ではありません

仲間と一緒に、新しいセカンドライフや自分ステージを創造していきましょう^^

お問い合わせは

シニア起業・女性起業・サラリーマン起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

 LINE ID solitonkoba

 

 

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 06.26

    ドカベン完結

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。