介護生活の実態!だから個人起業

この記事は2分で読めます

親を介護しなければならなくなったら

最悪ですね

限りなく時間を取られます

 

 

60代や70代の親なら

少しでも社会性のある活動に参加してもらいましょう

ボケないように動かすことです

 

これからの時代は特に

健康予防にお金を使わないと

後で大きなツケが回ってきます

 

介護保険のサービスを受けるためには

要介護認定という手続きが必要です

 

要介護認定された後は

ケアマネージャーとのやり取りが重要であり

介護の質を決定することになります

 

 

 

介護保険では

原則として1割の自己負担で

介護のサービスを受けることができます

 

上限が設定されています

要介護1では月額約17万円

要介護2では約20万円

要介護5では36万円が上限です

これを超えた分については全額自己負担なんです

 

自己負担分を多くすることで

家族の負担は減りますが

経済的な負担はどんどん大きくなります

 

調査によると

介護にかかった費用の平均月額は7.9万円です

いかに負担になるかわかりますよね

 

介護がスタートする時は

介護用ベッドを購入したり

住宅をリフォームするケースも出てきます

 

入浴の介助や掃除や料理といった

介護サービスだけではありません

 

介護ベッドの利用や車椅子

歩行器など

ハードウェアもかなり必要です

 

一時的な費用の平均値は約80万円かかっています

 

介護の状態は

人によってそれぞれなので

一概には言えませんが

平均的な介護期間は4年11カ月です

全体の約半数は4年未満の介護ですが

4年から10年未満は29.9%

10年以上は15.9%

 

今健康寿命と寿命の差が10年あります

 

とにかく介護状態にならないように

するのが

最大のリスクヘッジです

 

金銭的な支出だけでなく

家族の負担は計り知れません

 

要介護3以上になってくると

終日の介護が必要になってきます

 

介護休暇の取得など認知されてきましたが

勤務する会社の体制にもよりますが

どうしても対応できないという場合には

家族の誰かが仕事を辞める

という選択肢が出てきますが

 

介護による離職は避けた方がよいです

 

そうならない為にも

自宅で出来るシニアの個人起業は

とても大切です

 

健康予防という仕事で

生涯社会と関わりながら

収入を少しでも得て

元気に暮らしましょう^^

 

元気のあるうちに

新しい自分の人生を挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

企業の起業・シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

企業の起業・シニア起業・女性起業・個人起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 05.20

    時間の配分

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。