いよいよ70歳定年制!生涯現役の時代に!

この記事は2分で読めます

人生100年時代になってきたので

年金などの社会保障と医療費は

とんでもない金額になってきています

 

国が働き方改革と言いながら

年金支給時期をどんどんずらしていくのは

当然です

 

「全世代型社会保障への改革」

新しい言葉ですが

 

 

生涯現役社会の実現に向けて

意欲ある高齢者の皆さんに働く場を準備するため

65歳以上への継続雇用年齢の引上げに向けた

検討を開始します

多様な就業機会の提供に留意します

 

このような感じです

 

さらに

 

健康・医療の分野では

人生100年健康年齢に向けて

寿命と健康寿命の差をできるだけ縮めるため

糖尿病・高齢者虚弱・認知症の予防に取り組み

自治体などの保険者へのインセンティブ措置を強化します

 

早い話

高齢者にいつまでも元気で働いてもらう

というわけです

 

テーマは

年金の開始時期を遅らせて

病気にならないで元気に働いてもらう

 

日本の年間の医療費総額は42兆円を突破

中でも「75歳以上」の高齢者の医療費の

伸びが大きく負担をかけている

 

今は75歳以上の「後期高齢者」は1割負担ですが

健康保険組合や国の財政を圧迫しているので

3割になるのも近いかもしれません

 

家族が病気や介護になったら

預金を食いつぶします

 

2022年には団塊の世代が75歳以上に加わり始めます

この医療費を支える財源はありません

 

これからは

健康で長生きするために

健康予防に投資する時代になってきます

 

怠った人は将来莫大なツケを支払う事になるでしょう

 

定年を迎えた人が希望すれば

65歳まで企業は雇用し続けることが義務付けられた

これからは70歳になるでしょう

そうしないと年金支給廃止を70歳に出来ないから

 

人口減少により人手不足が深刻化する中で

定年を引き上げたり

撤廃する企業も出ている

 

定年を廃止する場合は

企業が経営状況や社員の評価によって

比較的に簡単に解雇できるようになります

 

若い人も安定してとはなりませんよ

 

国が進めている副業もそうです

 

あなたは

いつまでも働かなければ生きていけない社会で生きますか!?

それとも今から

いつまでも働ける社会を創りますか!?

 

それなら

誰でも出来る健康予防のテーマで

自宅で出来る個人起業

など経営者になる

それしか道はありませんね

 

 

元気のあるうちに

新しい自分の人生を挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

企業の起業・シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

企業の起業・シニア起業・女性起業・個人起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 07.09

    30年後の未来

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。