100年後の人類の姿!?

この記事は2分で読めます

自宅で出来る個人起業の提案は

誰でも出来る健康予防をテーマにしていますが

 

私達の身体は今後どうなっていくと思いますか!?

 

いったい100年後は

人間の生活はどうなるのだろうか?

 

少なくとも私達の生活は

20年前とは段違いです

 

スマホ、ノートパソコン、アプリケーション

SNSなどを通して

私たちは既にサイボーグの一種のようになっている

 

 

 

 

健常者も義足や義手を使用するようになる

 

今や障害を取り巻く社会的な意味で開発されている

義手や義足を

映画のヒーローのように

使いこなしているかもしれない

バイオニックの身体パーツですね

 

2030年までには

人間は定期的にアップグレードのために

修理工場に行くようになるだろう

 

新しい科学技術を用い

人間の身体と認知能力を進化させる

マイクロチップを身体にインプラントするように埋め込む

バイオニックな内臓器官も出来て

20年以内にはすべての生体器官が

スマートフォンからの指示で同期可能となるだろう

アップグレードが必要になる

 

ヒトは何千年も生きられるようになる

 

20年以内に老化を決定的に

コントロールできる確率は

50/50だが

100年後になれば

その可能性は90%近くになるという

 

加齢による損傷に再生医療を適用し

若返りバイオテクノロジーは

あらゆるレベルの体の構造に適用できる

 

高齢者は社会に貢献する機会がより増えそうですね

 

私のパートナーと私はサイボーグ

 

いろいろな個性的なセンサーを埋め込む

地球の地殻活動を感じられるとか

頭蓋骨で色の周波数を「聞く」とか

耳に大気圧を検出し気象を予測するとか

背後が観れる目とか

 

人間界と自然界が

テクノ・ヒューマン・ネットワークに融合される

 

人間は単に大規模なオペレーティングシステムの一部になり

人体にはまだ人間の要素があり続けるが

私たちが現在呼んでいる人間とは違うものになるかもしれない

 

オンライン脳の開発

 

脳にチップを埋め込み

脳をオンライン化する

「ブレイン・マシン・インターフェース」

が構築される

うつ病やアルツハイマー病は無くなるかもしれない

 

いろいろな世界を考えられますが

 

今を生きるには

健康で社会に参加するしかないだろう

 

だから

自宅で出来る個人起業!

 

 

 

元気のあるうちに

新しい自分の人生を挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

企業の起業・シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

企業の起業・シニア起業・女性起業・個人起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 07.09

    30年後の未来

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。