1年で222万部の新聞紙が消えた!

この記事は2分で読めます

今や新聞紙を取っている人がどんどん減っている
 
 
 

今までの日本で

言論の自由や報道の自由が社会を支えてきた事実もあるが

偏向報道で国益を損ねているマスコミもある

 

若い人ほど

マスコミを信用していないようだ

 

ネットの中での情報の方が

真実を伝えている物も多いからであろう

昨年の新聞発行部数によると

3990万1576部と

一昨年に比べて222万6613部も減少した

 

14年連続の減少で

遂に4000万部の大台を割り込んだようです

 

新聞発行部数のピークは

1997年の5376万5000部だったから

21年で1386万部減ったことになる

約4分の3になった



間違いなく

今後も加速して減少していくでしょう

 

私も45年前に新聞奨学生だったので

新聞社が販売店に水増ししてきた

「押し紙」は当たり前にありました

 

今はもうないと思いますがね

 

でも私もそうですが

毎日WEBで10紙は目を通している

さっと読んで終わりだが困ることは何もない

 

実売の売上で20年間で5000億円が吹き飛んだ

広告収入の単価下落も合わせると

縮小額は相当いくだろう

 

 

新聞広告は効かない

 

当然でしょう

今やインターネットで

いろいろ興味あるものを見ていると

関連する広告物が必ず表示される

 

ターゲットを絞り込みやすく

広告効果が計測可能なネットを使った広告や

マーケティングにかなうわけがないからね



問題は今のような状態が加速すると

優秀なジャーナリストが育つかどうかですね

 

必要ならば変化して生き残るだろうし

必要ないレベルならば

淘汰されていくのが

今の時代ですね

 

情報社会の加速的な変化は

目を見張ります

 

私達も

ライフスタイルの変化をしなければなりません

 

複業・自宅で出来る起業で

チャレンジしていきましょう

 

 

一人ではなく仲間と共に

サラリマン起業・シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

複業・起業相談は お気軽にお問い合わせください

小林 英紀  090-3110-1149 solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

健康相談ブログ ameblo.jp/brain-cocokara/

アート囲碁教室ブログ ameblo.jp/artigo/

初めての囲碁教室 アート囲碁 u0u1.net/OLdz

囲碁初段プロジェクト u0u1.net/O5d9

 LINE ID solitonkoba

 

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。