1. 会社に勤めて定年を迎え100歳まで生きる蓄えは大丈夫でしょうか?シニア起業と言っていますが40歳以上の自営業者・サラリーマン・主婦皆同じに自立したもう一つの収入を作らないといけない時代ですシニアの無収入の状態は生きが…

  2. 今の高校生などは大学に進学し大企業や官公庁に就職するだけでは安心できない専門性を身につけないと将来が危ないと考えるようになってきているそうです大学卒の2割が定年まで働くと答え8割は転職か独立考えているよう…

  3. 内閣府は2017年版「高齢社会白書」を発表した「何人の働き手が1人の高齢者を支える社会となるのか」1950年時点では12.1人の生産年齢人口で1.0人の高齢者を支えていたこれが2016年時点では2.2人&…

  4. 今までは会社に依存して生きることが当たり前でしたしかし現在の超高齢化や情報社会では企業に依存しない生き方が求められ実現していく生き方がかなり出てきていますこれは人生100年が当たり前の時代になってきたからです&nbs…

  5. 人間の加齢と高齢者の生き方を研究しているのが老年学 Gerontology昔はハッピー・リタイヤメント定年万歳人生60年、後は余生今は、生命科学の発達で人生100年老年学的には高齢者は英知を備えた貴重な社…

  6. 櫻田 潤さんの「図で考える。シンプルになる。」より人生戦略つまりシニアライフを検討する上で最も大事なのが「どういう一生を送って、人生で何を成したいのか」です現役の例ですが「世界を股にかけて、活躍したい」と思うのであれ…

  7. 2019年末ごろから約半年間国際宇宙ステーション(ISS)に滞在することが決まった宇宙航空研究開発機構(JAXA)の野口聡一宇宙飛行士(52)の記者会見コメントです予定通り打ち上げられると日本人宇宙飛行士としては最年長の54歳で…

  8. 思えば最近やたらと「75歳」という年齢がクローズアップされていたように思う 「75歳まで働ける社会を」「高齢者は75歳から」「一億総活躍社会」の実現 なるほどすべてはこれに向けた布石だったのか いよいよ政府が「75歳年金支給引き上げ」に向け…

  9. もうすぐ厳しい冬が始まりますね^^私は30歳から起業しましたのでもう33年経営者をやっています自分の人生を振り返ってある時は大変な思いで坂を上り又ある時は坂を転げ落ちた時もありました登りは時間がかかります…

  10. 私たちの現実を支配しているのは「記憶」です    言い方を変えると「知識」とも呼べます。    過去の集積された執着がその人の価値観として構築されています  これが「自我」ですね    実は新しい第二の人生をスタートさせるときにブレーキをか…

RETURN TOP