健康予防ビジネスが自宅個人起業のチャンス

この記事は1分で読めます

起業と言っても自分で出来るイメージがわかない!?

こんな言葉から起業相談が始まります

私が提唱しているのは

健康予防ビジネス

 

なぜこのマーケットが20年以上有望なのか!?

ちょっと面白い資料を見つけたのでご紹介します

 

2007年12月から始まった金融恐慌から

10年近くたちましたが

アメリカの労働市場の変化を見てみましょう

アメリカでは2017年の雇用が2007年と比べ

約670万件増えていたそうだが


景気が回復し始めて以降

最も雇用が増えた職種がこれからの時代の変化を表しています



・在宅医療・介護者/29万6952人/46%
・ウェブ開発者/47万073人/38%
・動物医療関連の技術者/2万5033人/32%
・遺伝カウンセラー/709人/31%
・医療技術者/3万583人/30%
・補聴器技能者/1582人/28%
・オペレーション・リサーチアナリスト/2万4742人/27%
・メンタルヘルス・カウンセラー/3万4996人/27%
・アスレティックトレーナー/5438人/26%
・医療ソーシャルワーカー/5980人/26%

 

注目は

伸び率の高い10職種のうち

健康関連の職種はなんと8種類です

 

アメリカですらこの現実ですので

日本のような超高齢社会で

健康予防の在り方が通目されていくのは必然です

 

人生100年時代

社会と関わりながら

生涯現役で仕事をする

 

それには

全ての人が

健康で豊かな人生を生きる

という事を

求めています

 

これが必要だと思う方は

一緒に健康予防のビジネス

検討しませんか!?

 

 

 

 

元気のあるうちに

新しい自分の人生を挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

シニア起業・女性起業・個人起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。