30年後の未来

この記事は2分で読めます

人生100年とすると

皆さんはあと何年生きますか!?

 

ソフトバンクの孫さんは

30年後には人類はほとんどの分野で

人工知能に勝てなくなる

と言っています

 

コンピュータのマイクロチップは

人間の脳細胞と同じ0と1の組み合わせです

脳細胞のニューロンは

ニューロン同士が

くっつくと弱い電流が流れて1になり

離れると0になります

 

まったく同じ機能をやっているのが

トランジスタです

 

つまり

マイクロコンピュータのなかには

トランジスタがたくさんあって

ゼロイチの組み合わせで

すべてのプログラミングがなされています

 

今やマイクロチップも進化して

1チップの中に

トランジスタが300億個です

 

脳細胞の数とトランジスタの数が

同じになってきました

 

人工知能が騒がれる理由が分かりますね

 

囲碁でもAIに負けました

 

今から30年後には

どうなるかということです

 

1.5年後ごとに

だいたいトランジスタの数は

倍になっています

 

30年後には

約100万倍になっている計算

 

今が脳の中のニューロンと同じなんです

 

一人の脳と100万人分の脳

考えるだけでもすごい世界が来そうですね

 

30年後になったときに

人間は何をしているのでしょう!?

 

処理や組み立てはAIやロボットの方が

優秀でしょう

 

これからやってくる

超知性の時代は

創造力豊かな時代ではないでしょうか!?

 

 

 

間もなくやって来る

シンギュラリティ時代にしっかりと備えよ

 

 

シンギュラリティという

時代の転換点は意外と早いかもしれない

 

IoT、AI、ロボット

 

この3つで

ありとあらゆる産業が再定義されていきます

 

ロボットと人間が

一緒に共存、共栄する時代

 

新しい世界の情報革命ですね

 

幸せな世界を創りたいですね

 

 

 

 

元気のあるうちに

新しい自分の人生を挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

シニア起業・女性起業・個人起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 10.24

    経済的独立

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。