パワハラ・セクハラやっていませんか!?

この記事は2分で読めます

健康相談で

鬱系の悩みが多いです

 

自分だけの問題ではなく

職場におけるパワハラ、セクハラが

深刻なダメージをもたらして

いるケースも多いですね

 

最近ニュースでも

たくさんの悲しい事件を見ます

 

今やどなたも

ハラスメント対策を

「知らなかった」ではすまないのです

 

パワハラ・セクハラには

「誰が見ても大丈夫」と

「これは絶対NG」というゾーンがありますが

 

問題なのは

「このへんは大丈夫かな?NGかな?」

と判断に迷うグレーゾーンなんですね

 

そんなグレーゾーンを減らすために

どこまでがOKで

どんな条件が加わるとNGになるのか!?

 

例であったのが

部下が資料を出した時

 

「え?3日もかけてこれ?こんなの半日程度終わらせないと仕事が進まないよ。それに、あれほど入れろと言っておいたポイントが入っていないじゃないか。これでお客さんを説得できると思ってるの?今日中にやり直して。まったく能力ないなぁ」

 

どう思いますか!?

3つの条件を満たせばパワハラになります

 

 

1  優位な立場にいるかどうか

 上司と部下、先輩と後輩、正規社員と非正規社員、顧客と社員、自分と取引会社など

 

2 それを苦痛と本人が感じているかどうか

 就業環境が害されているなどパワハラ「された」側の論理で

 「そんなつもりはなかった」としても一切関係ない

 

3 業務の範囲内かどうか

 厳しい言葉であってもそれが業務に必要なものかどうか

 

例題でいくと

1 上司という立場

2 この叱責を部下が苦痛と感じれば当てはまる

3 口調こそ厳しいが最初はOKだが

  問題なのは

  最後の一言「能力ないなぁ」

  これは業務と関係ないのでNGです

 

NG例としては

「その性格、どうにかならないの」

「だから結婚できないんだよ」

「これだから文系(理系)はダメなんだ」

 

あなたも長く仕事していると

言ってそうですよね!

 

グレーゾーンの例

「女性には、残業の少ない部署に入ってもらったほうがいいんじゃないか」

カラオケでデュエットなども

身体に手を回したり

相手が嫌がっているのに無理やりは NG

 

パワハラ・セクハラが問題視された時の

決定的にNGなのが

「イヤならイヤと言えばいいのに」

というセリフで致命的になります

 

自分がハラスメントしたかどうかも

判断できない状態である

と認識されるそうです

 

メンタルヘルスケア

にもっと関心を持ちましょう

 

 

バイタリティにあふれている人や

テンションが高い印象で

躁状態の場合で

職場から帰ると

そうという方もたくさんいる様です

 

仕事中に辛そうな表情を見せたたらスルーせずに

「どうだ?」

と一言

声をかけてみる

 

1秒の思いやりが大切なようです

 

 

マネジメントの大切さですね

 

自宅で出来る個人起業は

自立しているので

直接的なセクハラやパワハラはありませんが

 

コミュニケーションビジネスなので

マネジメント力は

求められますね

 

 

元気のあるうちに

新しい自分の人生を挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

企業の起業・シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

企業の起業・シニア起業・女性起業・個人起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

 

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 05.20

    時間の配分

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。