拾った段ボールから生まれるビジネス!

この記事は1分で読めます

好きな事や

自分が一番輝く事を見つけると

ビジネスになっちゃうんですね

ビジネスというより天職的な仕事かな!

 

ダンボールが輝いて見えるんです

そう語るダンボールアーティスト

島津冬樹さんのお話です

 

世界各地の街角に捨てられている

ダンボールを拾って

財布や名刺入れを作っている方です

 

ドキュメンタリー映画

旅するダンボール

が12月7日に劇場公開されるそうです

 

 

 

不要品から

「価値ある物」

が生まれる瞬間を体験する

ワークショップもあったそうです

 

キリンビールの段ボールで名刺入れを作った方は

ダンボールにはストーリーや文脈があります

この名刺入れを使うことで

『ビール好きなんですか?』

『キリンの人ですか?』

といった会話が生まれるので

そこから生まれるコミュニケーションが

素敵だなと思ったそうです

 

「好き」から環境問題にアプローチ

 

 

プラスチック製ストローのように

止めるという選択と

逆のアプローチで

好きから入っていく

なんか新しく感じますよね

 

キーワードは

「アップサイクル」で

 

アップサイクルとは

価値のないものから

価値を生み出していく

 

私達も自分の人生のストーリーを

生み出していかないともったいないですよね

人生のヒーローでありヒロインなんです

 

まさしく

自宅で出来る個人事業にも

このように世の中を変えていく

ストーリーがあります

 

起業して事業を行う事は

事業=世の中の役に立つこと

 

楽しい毎日が待っていますよ^^

 

可能性は無限です

新しい自分の人生に挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

企業の起業・シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

企業の起業・シニア起業・女性起業・個人起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 09.17

    宇宙から学ぶ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。