人口減少は悪なのか!?

この記事は2分で読めます

世界に類を見ない超高齢社会の日本ですが

人口減少は悪

というイメージがあります

 

地方消滅などとも言われ

人口減少を食い止めるために・・・・

いろいろな策が出てきている

 

そもそも人口減少は悪なのだろうか!?

 

人口減少の対策は

「まち・ひと・しごと創生本部」がやっていますが

経済の好循環が地方において実現しなければ

人口減少が地域経済の縮小を呼び

地域経済の縮小が人口減少を加速させる

 

という負のスパイラルのリスクが高い

と言っています

 

地方が弱体化すると

大都市もいずれ衰退するという事だ

 

だから

東京一極集中をやめて

地方への移住促進を計ることで

地方人口の維持をはかる

事を目指している

 

それと連動して

東京23区の私立大学等の定員数増を認めない方針が

出ているが問題となっている

 

 

 

問題は

人口増の社会を想定して作られた

年金などの社会保障システムが制度です

 

急激な人口減少が引き起こす過疎化は

確かにセーフティーネットを破壊する恐れがあるが

 

晩婚化が進み出生数が下がる中で

無理に人口増を考えるより

特に移民政策には反対です

 

社会貢献する個人起業で自立したシニアライフや

病院漬けや薬漬けになっている医療費の半減や

コストを抑える考え方も大事だと思う

 

さらに

時代はAI(人工知能)やロボット化も

すごいスピードで進化している

 

簡単な作業はほとんどAIロボットが

やってくれるようになるだろう

 

今の時代は

経済の成長が幸福につながる

ような時代ではないですね

 

SNSなどの発達で

お金をかけずに常時人とつながることができ

オンライン動画配信サービスなどで

格安に堪能できるエンターテインメントに溢れている

 

時代は確実に

「モノ消費」から「コト消費」

に移行している

 

当面の人口減少が確定している中で

経済を伸ばすというのは簡単なことではない

 

新しいマーケットはたくさん出るが

既存の無くなるマーケットはさらに多い

 

やはり私達が一番問題にするのは

生活コストの削減

ではないかと思う

 

一般的には

衣食住費や光熱費や教育費ですが

一番に努力して下げられるのは医療費でしょう

 

平均寿命と健康寿命の開きが約10年

これがもしPPK(ピンピンコロリ)となくなる方が増えたら

40兆円の医療費の半減も可能です

 

これからの時代は

健康予防というジャンルのマーケットが

もっと拡大していきます

 

ここに

私達シニアや子育てママさんの

自宅で出来る起業のチャンスがありますね

 

 

元気のあるうちに

新しい自分の人生を挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

シニア起業・女性起業・個人起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 07.09

    30年後の未来

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。