ダイナミックプライシング!が時代を変える

この記事は2分で読めます

とにかく起業を考える時に

時代の変化を察知していかなければなりません

 

インターネット時代のビジネスの在り方

売り手と消費者が一つになった口コミマーケティング

スーパーフランチャイズシステム

最小の資金投資で起業する

起業に社員と事務所はいらない

 

いろいろなキーワードが出てきますね

 

今回の話題は

アパホテルの利益率の問題です!

364億円という驚くべき経常利益を叩き出しました

 

普通、経常利益率は5%あれば合格点

高島屋 売上高9236億円に対して経常利益372億円 4.0%

ヤマト運輸 1兆4778億円に対して348億円 2.4%

サンドラック 5,283億円に対して348億円 6.6%

 

アパホテル 売上高が1,161億円 経常利益が364億円 31.3%

「パズドラ」のガンホーエンタテイメントの

売上高923億円 経常利益343億円 37.2% に匹敵する

 

私も東京で泊まりました

「一泊3万円は高い」

なんていう批判はどこ吹く風

 

いったいなぜここまでの安定的な経営が可能なのか!?

 

 

 

2007年1月

アパホテルが「耐震偽装」の疑惑で資金難になった

やむなく保有していた不動産の多くを売却

 

その直後にリーマンショックが発生

日本の土地価格が大暴落により

アパホテルは売却した資金と新しい借り入れを元手に

安価で土地を仕入れ

運営コストを最小限に出来た

 

なんといっても

繁忙期には、アパホテルは一泊3万円も!

 

 

ここで活躍しているのが

ダイナミックプライシング

 

簡単にいえば

稼働が低い時は安く

稼働が高い時は高く販売

ギリギリになればなるほど価格は高くなっていく

 

飛行機の場合と同じです

夏休みやゴールデンウィークは格段に値段が高くなる

平常時は安い

少しでも稼働率を上げて収益を得る

 

タクシー業界のスマホアプリUberも

日本では行政の価格統一で出来ないが

利用ユーザーの数・場所・時間のデータによって

価格が秒刻みで変わる

朝の出勤時間で雨が降っていれば

5倍以上になることもある

 

このように

需給データを駆使して値付けをする

「ダイナミックプライシング」

がいま広がっている

 

アメリカでは

野球やコンサートのチケット販売などに活用

 

 

これからの時代は

農家などが農協や市場を通さず

消費者と直接の需要に応じて値段を変えていく

ようになる可能性がある

 

いつの時代でも

変化にいち早く対応できる企業は強い

 

 

 

 

だから自宅で出来る起業を!

 

 

元気のあるうちに

新しい自分の人生を挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

シニア起業・女性起業・個人起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 06.15

    夢と志の違い

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。