ベーシックインカムと起業

この記事は2分で読めます

今世界で注目されている言葉に

ベーシック・インカム

があります

 

2011年のドイツのベルリン市議会選挙で

「海賊党」という新党が

8.9%もの票を獲得した

 

初めて選挙に臨んだ

ベルリンの若者の半数が

海賊党に投票した

 

なぜか!?

政治家というより

IT知識に富んだ無政府主義者

といった感じの若者たちが

挙げていた公約の一つが

「ベーシック・インカム」

の導入だったのだ

 

ベーシック・インカムとは

国民全員に

最低限の生活を送るのに

必要とされる額の現金を

無条件に支給する制度だ

 

 

私は

AI(人工知能)やロボットの時代になると

ベーシック・インカムの

導入がなされると思っている

期待していると言った方がいいかな

 

収入の額にも

資産の有無にも

年齢にもかかわらないで

人間が人間らしく生きるための

たとえ働かなくても

国民全員が受け取る権利がある

 

いいですね^^

 

本当は

万人の平等を目指す左翼思想に端を発っしているが

今の時代はそんなこと関係なく

起こりうる可能性がある

 

 

フィンランドでは

昨年より

無作為に抽出した失業者2000人に

ベーシック・インカムを

実験的に支給した

 

現在はその検証が行われている

 

スイスやドイツなども

ベーシック・インカムについての

論議が盛んになってきている

 

賛成が多いのは

左系の政党の支持者・失業者や若者の半数

 

反対が多いのは

保守政党とリベラル政党の支持者

年金生活者・自営業者・就労者だ

 

ベーシック・インカム導入が

取りざたされている理由は

福祉政策が対応できなくなる可能性が高いからだ

 

人口構成の変動が大きい

年金など社会保障が維持できなくなっている

 

これまでの常識では

労働の代償が収入だった

 

しかし

ベーシック・インカムが実現すれば

労働と収入は切り離される

 

働いて所得を発生させるのは機械で

人間の役目は消費のみだ

 

働きたい人は働けるので

創造的な仕事や社会福祉にも没頭できる

 

心配は

社会の平等という皆が総じて貧乏になる

そんな可能性もあることだ

 

たぶんベーシック・インカムが

導入されると

もっと貧富格差がつくような可能性もある

 

でも私達は

現役で社会と関わり

自宅で出来る個人起業をやっていきましょう

 

 

 

元気のあるうちに

新しい自分の人生を挑戦しましょう! 

一人では心もとなくても仲間がいます

シニア起業・女性起業・個人起業で

一緒に新しい自分の世界を創造しましょう^^

 

ご相談・お問い合わせは

シニア起業・女性起業・個人起業 ナビゲーター 

小林 英紀  090-3110-1149

solitonkoba@gmail.com

facebook www.facebook.com/yxiaolin

脳ストレス解消 ameblo.jp/brain-cocokara/

 LINE ID solitonkoba

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 12.10

    起業の極意

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。